2009年01月29日

Flash バナー広告をカンタンに作成できる「BannerSnack」

サイトに自社が持つ他媒体のバナー広告を作りたいとか、シンプルなブログパーツ的なフラッシュバナーを作りたいというニースは結構あるのでは?

今回のサービスは、swfファイルはダウンロードできないものの、リンク先を指定してサイトに埋め込むことが可能なフラッシュバナー広告ジェネレーターのご紹介です。

かっこいいフラッシュバナー広告をカンタンに作れる「BannerSnack」

「 BannerSnack」は、作りたい広告サイズを選んで画像をアップし、それぞれに動きを付けてフラッシュバナー素材を作れるサービスです。
注意点

* テキストは日本語が通らないため、画像だけで作っています
* SWFファイルはダウンロードできないため、広告サービスに使うことはできません


興味のある方は BannerSnackへどうぞ。

なぜか海外サービスなのに、AmebaやLivedoor用の埋め込みタグを発行しているところを見ると、今後日本も視野に入れているのかもしれませんね。今後にも期待できそう。
posted by あとむ at 19:27| Comment(66) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月16日

SEOに費やされる広告費は同じ効果に対してキーワード広告の45分の1しかない!

ユタ州パークシティで行われているイベント「サーチ・インサイダー・サミット」で、Enquisiteのリチャード・ズウィッキー氏がびっくりするようなデータを公開したんだ。ジェシカ・ボウマン氏とトッド・フリーゼン氏、ジョン・マーシャル氏と僕の4人は、ランチルームの席に腰かけてズウィッキー氏のスライドを見ていたんだけど、ショックを受けて代わるがわる顔を見合わせ、頭にきてこぶしを振り、不信もあらわに眉をつり上げた。SEOとして検索連動型広告に携わる人々に比べて評価が低く報酬も安いと感じたことがある人がいたら、このデータはその裏付けになるよ。

まず、Enquisiteのデータについて少し説明しておこう。Enquisiteはアクセス解析サービスの企業で、特に検索マーケティング関連の解析を専門としている。この会社は日々、SEOmozを含む5000以上のサイト(SEOmoz以外のクライアントデータベースはお教えできない)の検索トラフィックを追跡し、検索エンジンをリファラーとする何百万ものクリックを記録している。この情報から、驚くべき統計が出ているんだ。

* クリック数を比較すると、検索連動型広告1、オーガニック検索8.5の割合となっている(これは全キーワードに対する検索結果を均一化して計算した数字で、有料広告を含まない検索結果はカウントしていない)。
* アクション/コンバージョンのトラッキングを基に計算すると、検索連動型広告のコンバージョン率はオーガニック検索の平均1.5倍となる(広告テキストとランディングページは広告主ごとに最適化されているんだから、これは当然の結果だ)。
* この数字から、オーガニック検索が売上に結びつく可能性は、検索連動型広告の5.66倍になることがわかる。
* SEOへの支出はPPCの8分の1だ
全体の広告費(SEMPO:検索エンジンマーケティングプロフェッショナルの団体によるデータ):
年 検索連動型広告 オーガニック検索SEO
2004年 85% 12%
2005年 87% 11%
2006年 87% 12%
2007年 88% 10%
* 平均すると、検索連動型広告の業者が受け取るのは、顧客がキーワード広告に対して支出する金額の10%(この数字は実際には低いかも)
* この理屈でいけば、SEO業者が受け取る金額は、検索連動型広告業者のなんと45分の1(1÷5.66×8)(キーワードから直接コンバージョンに至るコースを想定した場合)。

ズウィッキー氏はさらに詳細で興味深いデータを持っているけど、上で挙げた数字でも傾向は明白だ。広告主と業者にとって、キーワード広告の方が評価しやすいから、業者も企業もトラフィックを得るために何倍もの資金を投入している。けれども、実際にはSEOの方が費用効果の高い投資になるんじゃないかな。上のデータを見ると、ほとんど議論の余地はないよね。

それで、Enquisiteは何をしているかって?もちろん、ソフトウェアによる自動化でこの問題を解決しようとしているんだ。ズウィッキー氏が示したスクリーンショットや、個人的に見せてくれたデモを見る限り、Enquisiteの分析ツールを導入することは強くお薦めできる。最初の30日間は無料、SEOmozのPRO会員なら特別価格で利用できる(申込みはこちらのページから)。今のバージョンで収集したデータは、最新バージョン(2009年1月にベータ版をリリースし、第2四半期までに正式リリースの予定だ)でも活用できる。

ズウィッキー氏は、バーで僕の隣に座ってこの記事を書くのを手伝ってくれたし、事実確認までしてくれた。大いに感謝(^^)

催眠療法
合宿免許
posted by あとむ at 19:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月14日

SEMコンサルタントが贈るGooglePagerankのヒミツ

日ごろ見ているGooglePagerankというのはウソです。


え?ど〜ゆこと?って感じでしょうけどホント・・・らしいです。


実際のGooglePagerankっていうのは日々更新されていて
ツールバーで見えてのは過去のものらしいですよね。



例えるなら何億光年も離れた星の輝きがやっとこさ地球にたどり着いているのを
見ているような感じです。


あと既出かもしれないがツールバー上では0〜10の数値で見えてますが
実際はもっともっと細かい刻みで数値化されているらしいです。

例えば3と4の間にも数値があって3.5〜3.6というような感じで押し合いへしあいひしめき合っているのです。

近年ではPagerankと検索順位の関係性は薄いとは言われていますが
全く無関係ということはないでしょう


今後もPagerankと検索順位との関係性を追いかけていきたいと思います。
催眠療法
posted by あとむ at 17:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月10日

VSEO

Youtubeなどの動画共有サイトもSEOである

現在のSEO対策といえば、「Yahoo!」「Google」の2択といえるだろう

しかし少し視点を変えれば、多くのソーシャルメディアもSEOなのである

Youtubeは一般ユーザーにも認知度があり、利用者も年々増加の一途をたどっています。

今や一般家電でもビデオカメラなどYoutubeに簡単アップロードできる機能が搭載された商品が多数販売されています。

動画サイトの特性として、サイトへの滞在時間も長く、関連動画への導線もうまく作られているため、よりニッチな層に対して有効的なアプローチが可能。

一般ユーザーが簡単にブログへの転載も可能で、バイラルプロモーションとしても非常に効果が高い。

そして何より無料!!
YouTube マーケティング

といった感じでしょうか?

動画というジャンルは、敷居がまだまだ高く

安易にアップできないこともあり、なかなか踏み込めない分野ではありますが

逆を言えばまだまだ競合が少ないことがあげられます。

うまく対策を練れば、Googleの検索結果でもサムネール付きで表示され

クリック率を高くさせることも可能です。
VSEOというジャンルも今後は増加する

今はなじみが少ない「VSEO対策」ではありますが

YoutubeやYahooビデオキャスト・ニコニコ動画などを利用した

検索エンジンへの対策が徐々に増加しつつある。

何よりメリットが高いのはやはり検索結果に

サムネール付きで表示されることで

非常に高いクリック率を得ることが可能性を秘めているため

催眠療法

合宿免許
posted by あとむ at 01:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月09日

Googleが提案する「Flash内テキストをクローラーに読み込ませるsIFR」

Web制作にあたり出てきがちな問題が「クライアントがFlashを使いたがる」という事だと思います。

Web製作会社も様々でSEOを考慮したWeb屋さんからデザイン重視のWeb屋さんまで

様々かと思います。Flashはロボットも読み込むようになって来ているようですが、読み込まない事も

やはりあるようです。そこでGoogleが提案するsIFRを導入する、と言う手があります。

以下、Googleウェブマスター/サイト所有者 ヘルプより引用。


Flash や画像などのテキスト以外のファイル


Google では Flash ファイルのコンテンツをインデックスに登録できますが、
他の検索エンジンでは登録できない可能性があります。Flash ファイルと同じ
内容のテキストを提供すると、他の検索エンジンでもコンテンツをクロールして
インデックスに登録できます。また、sIFR (Scalable Inman Flash Replacement)
の使用もご検討ください。オープン ソース プロジェクトの sIFR では、
テキスト要素を Flash オブジェクトに置き換えることができます。この技術を
使用するとコンテンツやナビゲーションは埋め込み Flash オブジェクトによって
表示されますが、コンテンツが HTML ソースに含まれているため、Flash を使用しない
ユーザーや検索エンジンでも読むことができます。



sIFRはHTML上のテキストをJavascriptでFlashムービーに置き換えて、

アンチエイリアスが掛かった選択可能なテキストとして表示する手法の事で

Shaun Inmanという方が世に広めた手法です。

見た目はcssによる画像置換でもテキストのコピーは可能、というフォントデザインの

画期的な手法で、Googleのロボットも「通常のHTML」として読み込むようですので

Flashでのナビゲーション制作によるクローラビリティとして使用出来そう。

MTでも採用されているようですので、今後は無視できない手法になるかも知れません。

実際に使用したサイト。記事タイトルのテキストがドラッグ可能です。

と、思ったのですが、フォントファイルを丸ごと読み込む使用で文字数の多い日本語だと

ファイル容量が大きすぎて重くなるようです。sIFRは英語のみの方が良さそうです。

そこで、変わりになるか分かりませんが、sIFRの日本語バージョン的なモノを作成

してくれている方がいらっしゃいました。それがBJKit(BeautifulJapaneseKit)です。


キャッシュを使っての表示らしく表示スピードも軽減されているようです。

以下はsIFRとBJKitに関する情報を提供されているサイトへのリンク集です。

sIFR

選択可能なアンチエイリアス文字を出力する『sIFR 2.0』導入メモ - Archiva

sIFRの設置方法

sIFR用のFlash FileをWeb上で簡単に作れるツール

デザインとSEOを両立させる一つの手法 「sIFR」 SEO見習いの覚書
※Yahoo!はインデクシングしなかったという実験報告。必見です。

sIFRは日本で流行らなくてよかったのである
※これもまた一理

Flashテキスト(sIFR)の使い方

sIFR WordPressプラグイン

BJKit


BJKitダウンロード

JavaScriptとswfでフォントを美しくする、BJKit | DesignWalkerMovable TypeにBJKitを導入

素材を駆使して表現力アップ ベクター形式によるイメージ描画方法-ITPro



まだ実用段階、と踏み込むのは早いかもしれませんが、今後はロボットもFlashを今まで以上に読み込むようになって来るでしょうし、Webデザイン

を今まで以上に考慮したWebサイトでもSEOの結果を出しやすくなる動きがあるのは嬉しいですね。

催眠療法
posted by あとむ at 20:20| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アフィリエイトでいくら稼げる?

PCや携帯電話のアフィリエイトサービスを利用すると、どれくらい稼げるのだろうか。MMD研究所が1月8日に公開した調査結果によると、1カ月に稼げる額は「1000円〜4999円」と答えた人が77.2%を占めた。アフィリエイターをやめた理由で最も多いのは「稼げなかったから」だった。

 12月12日から12月22日にかけて、10の携帯電話サイトで、1796人(男性が22.2%、女性が77.8%)にアンケート調査した。

 現在アフィリエイトサービスを利用している人は、男性で12%、女性で3.8%だった。過去に利用経験がある人は、男性で8%、女性で8.4%だった。

 現在利用している人が1カ月にアフィリエイトで稼ぐ額は「1000円〜4999円」(77.2%)が最も多かった。「5000円〜9999円」は 8.9%、「1万円〜4万9999円」は9.9%。中には「10万円〜19万9999円」(1.0%)や「20万円以上」(3.0%)という人もいた。

催眠療法
posted by あとむ at 16:27| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月08日

SEO+プレスリリース

プレスリリースとSEO
富士通株式会社のプレスリリースに「!」となりましたので紹介いたします。
気になるプレスリリースは新型インフルエンザ対策関連ソリューション提供開始というもの。
「え!型インフルエンザ対策を富士通が!?」と、内容が気になってしまいました。
どのようなソリューションなのか詳細ページを見てみますと、
事業継続対策の一環として、今まで想定されていた自然災害とは性格の異なる、新型インフルエンザ発生時の対応をサポートするもの、だそうです。

SEMの伝道師ことアイレップ渡辺隆広氏のセミナーに参加〔MarkeZine Day 2008〕の〔2〕ターゲットユーザーの検索行動を理解する。 で書きましたが、
話題性の強いワードに絡めたプレスリリースを出せば、オーガニック検索上位に表示されます。
Googleで「新型インフルエンザ」で検索した場合、
Googleで「新型インフルエンザ対策」で検索した場合のいずれもニュース検索結果で1位表示されています。
Yahoo!で「新型インフルエンザ」で検索した場合は新型インフルエンザに関するニュースで4位、
Yahoo!で「新型インフルエンザ対策」で検索した場合は圏外。

新型インフルエンザ情報はこの時期ですとマスコミに取り上げられる可能性が高いですし、
こういったことも計算にいれて、「新型インフルエンザ」を切り口にしたプレスリリースにしたのかしら…と思いました。
タグ:SEO
posted by あとむ at 12:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。